最期の贈り物

郡上市で創業70年以上 花屋の加藤が運営する

一般葬・家族葬の藤葬祭です。

 

先日、ご自身が余命宣告を受け

残り僅かの時間の中

ご自身の葬儀の事前相談にいらっしゃった方がおられました。

「最後に、家族へ感謝の気持ちと想いを伝えたい。

たくさんのピンクのバラで祭壇を埋め尽くして

家族への感謝の想いを形にしたい。

残された最愛の伴侶へは99本のバラの花束で永遠の愛を伝えたい。

それは、家族が自分の祭壇を見るその瞬間、花束を渡すその時まで必ず

秘密にしてほしい」

ということでした。

たくましいその大きな身体は、日ごとに小さいく細くなっていき

闘病はつらいものがあったと想像できます。

しかし

最後に残される家族に想いを伝えたい。

そんなお気持ちで事前相談にみえました。

そして、懸命な闘病生活の末、ご逝去されました。

葬儀の準備が整い、ご家族はピンクのバラで埋め尽くされた祭壇をみて

最初はなぜピンクなのか驚かれていました。

しかし、生前の故人様がそのように相談されていたお話を

お伝えして、葬儀の終盤で99本のバラの花束をお渡しすると

ご家族は、改めて故人様の大きな愛を感じたそうです。

一人として同じ人生はないですし

家族のカタチも様々かと思います。

しかしながら、家族を想い生きることは

大切だと改めて学ばせて頂きました。

関連記事

  1. 多様化する葬儀のカタチ

  2. 感謝祭 無事終了 ありがとうございました①

  3. いよいよ!明後日開催です

  4. 感謝祭 無事終了 ありがとうございました②

  5. フューネラルメイク

  6. 夏ですね~そろそろお盆です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。